洲本・スナック【不死鳥】

皆様の憩いの場へのご来店を
お待ちしています!!

ママ

  

営業内容

スナック不死鳥

パーティー

忘年会

飲み会

打合せ

二次会

新年会

OB会

明朗会計






住所

スナック不死鳥

TEL:0799-24-2838

洲本市本町4丁目3-9

地図

☆.*.・゜*.。?☆.・°*∴







 スコッチウイスキー・すなっく不死鳥

シングルモルトの個性を理解するにあたり、

スコッチウイスキーの歴史を把握しておくことは欠かせません。

以下、ウイスキーつくりの始まりから現在のシングルモルト人気に至るまでの簡単な歴史をご紹介します。

スコットランドでいつからウイスキーつくりが始まったかは、

不明で歴史の闇の中にあります。


ただ、ウイスキーに関する最古の文献は1494年スコットランド王室の出納記録に残っており、

15世紀にはすでに王が嗜んでいたと考えられています。

当時は主に修道院で薬酒として造られていましたが、

豪族や農民たちもおそらく細々と自家用に少量を蒸溜していたといわれています。

やがて余剰の大麦を手っ取り早く換金する為、

農家などで盛んにウイスキーがつくられるようになります。



ウイスキーに対する課税が初めて行われたのは1644年。

その後、1707年、内乱によりスコットランドがイングランドに併合されると、

ウイスキーに対する課税はさらに厳しいものになり、

イングランドへの反感と課税を嫌う人々は山奥へ逃れ、

密造が増え始めます。

これが19世紀初頭、1820年代まで続くことになります。

この密造の時代に、ピートによる麦芽乾燥が始まり、

樽熟成の発見があったとされています。


大麦麦芽を乾燥させるのに、

近くに無尽蔵に埋もれているピートを燃料として代用、

蒸溜したモルト原酒を入れて隠すのに、

シェリー酒の空き樽を流用するようになりました。

密造の副産物として、近代ウイスキー製造が確立したことになります。

密造酒時代が終幕したのは、

1823年に酒税法改正によって税率が下げられたからで、

これを受けて1824年以降、多くの政府公認の蒸溜所が誕生しました。








 お店の雰囲気






 お店の全景(不死鳥)









お店の情報

淡路島・洲本・スナック不死鳥の営業時間は下記の通りです。

宜しくお願いします。


営業日:月曜日〜土曜日

日曜日も営業中です

営業時間:19時30分〜25時

カラオケ






リンク












スナック不死鳥  二次会  パーティ  カラオケ  飲み会  お店






Copy rights (c) 2016 スナック不死鳥 All Rights Reserved